チビッ子連れで姫路・明石へGo~ その1 姫路城を見学しました(2019/11)

2019年11月23日から1泊2日で、姫路・明石に行ってきました。

11月23日(土)、朝6時半頃に自宅を出発。191123-062742-P1120060_R.JPG

中国自動車道に入って西へ西へ。神戸JCTで山陽自動車道に入り西へ西へ。山陽姫路東ICで降りてしばらく進むと、姫路城前の駐車場に到着。8時前には到着しました。191123-075951-P1120061_R.JPG

まだ早い時間、駐車場もガラガラです。

早速姫路城へ向かいました。191123-080658-P1120063_R.JPG

石垣の向こうに姫路城が見えます。191123-080926-P1120068_R.JPG

大手門手前の橋にやってきました。大きな看板には夜の姫路城でのプロジェクションマッピング「姫路城・ナイトファンタジア おとぎ幻影伝」の案内がありました。191123-081209-P1120072_R.JPG

せっかくなので行ってみようとこのときは思いましたが、実際夜になってやってくると大行列で、入城口からこの大手門手前の橋までずらーっと人が並んでいて、最後尾には「2時間以上待ち」の看板が出る事態でした。

遠くに天守閣を見ながら桜門橋を渡り、191123-081235-P1120074_R.JPG

191123-081244-P1120077_R.JPG

191123-081356-P1120081_R.JPG

大手門から入ります。191123-081423-P1120084_R.JPG

大手門入ってすぐの場所からだと、天守閣はまだまだ小さく見えますね。191123-081505-P1120087_R.JPG

191123-081532-P1120090_R.JPG

191123-081555-P1120093_R.JPG

三の丸広場にあるドーム型のキラキラしたもの、これ夜になったら光ります。191123-081754-P1120106_R.JPG

三の丸広場よこを歩いて入城口へ向かいます。191123-081809-P1120107_R.JPG

191123-081855-P1120109_R.JPG

姫路城、だんだん大きな姿になります。191123-082037-IMG_8307_R.JPG

191123-082052-P1120112_R.JPG

8時半前、入城口に到着。191123-082103-P1120115_R.JPG

開門は9時からなのでまだまだ待ちます。191123-082429-P1120116_R.JPG

黒田官兵衛普請の石垣、の案内があって見に行ったり、191123-082607-P1120118_R.JPG

191123-082624-P1120119_R.JPG

191123-082645-P1120123_R.JPG

こんな顔出し看板で写真を撮ったり、191123-082643-IMG_8311_R.JPG

井戸を眺めたりして、191123-083246-P1120132_R.JPG

191123-083310-P1120136_R.JPG

9時になり開城です。菱の門を通り、191123-090208-P1120144_R.JPG

191123-090642-IMG_8312_R.JPG

菱の門を出たところ、三国堀越しの姫路城。191123-090746-IMG_8317_R.JPG

191123-090326-P1120149_R.JPG

いの門や、ろの門、はの門、にの門、順番に通って天守閣へ向かいます。191123-090331-P1120150_R.JPG

191123-090539-P1120155_R.JPG

191123-090641-P1120162_R.JPG

191123-090738-P1120165_R.JPG

ほの門を入ったところ、石垣の中に姥ヶ石というのがありました。191123-090840-P1120168_R.JPG

191123-090923-P1120170_R.JPG

羽柴秀吉が姫路城を築くとき石集めに苦労してたようで、城下で餅を焼いて打っていた貧しいお婆さんがそのことを聞き、使っていた石臼を寄付したんだそうです。喜んで石垣に使ったそうです。191123-091346-IMG_8322_R.JPG

この評判が広まって国中からたくさんの石が寄付され築城工事は急速に進んだんだそうですね。

191123-090950-P1120171_R.JPG

ここから天守に入ります。姫路城は六階建て。これからどんどん階段を登ることになります。191123-091123-P1120174_R.JPG

191123-091351-P1120176_R.JPG

1階の窓から南方向、姫路駅がある方面の眺め。広い三の丸広場の向こうに直線道路が伸びて突きあたりが姫路駅ですね。191123-091407-P1120178_R.JPG

ひとの流れに沿って歩きます。191123-091423-P1120179_R.JPG

191123-091735-P1120184_R.JPG

東大柱。191123-091905-P1120187_R.JPG

地上から5階の梁まで通し柱になっている東西2本の大柱の一本だそうです。江戸時代の初めは大柱そのものが建物の重さで歪んで変位したようです。次第に建物全体が傾いたため、多くの支柱を入れて補修してきたんだそうです。

どんどん上ります。191123-092023-P1120189_R.JPG

最上階、6階に到着。

姫路のまちが一望できますね。191123-092144-P1120191_R.JPG

191123-092148-P1120192_R.JPG

191123-092424-P1120196_R.JPG

191123-092528-P1120200_R.JPG

6階にはいろいろ見どころがありました。191123-092636-P1120202_R.JPG

幻の窓。191123-092825-P1120212_R.JPG

壁面すべてに窓が開けられる予定でしたが、築城途中で変更され一部塞いだんだそうです。191123-092648-P1120204_R.JPG

埋木。木の節を削って、星の形とかなすびのような形とか、いろんな形をした埋木が施されています。チビッ子は、たくさん発見しました。191123-092733-P1120208_R.JPG

191123-092601-P1120201_R.JPG

長壁神社という神社もあります。江戸時代には二の門と三の門の間の小高い場所に鎮座していましたが、近代になって天守内で祀られるようになったんだそうです。191123-092702-P1120205_R.JPG

お参りしました。191123-092737-P1120209_R.JPG

191123-093004-P1120213_R.JPG

いろいろ見学し、、、191123-093313-P1120221_R.JPG

191123-093642-P1120225_R.JPG

ちょっとづつ階段を下りていきます。191123-093726-P1120226_R.JPG

191123-093738-P1120227_R.JPG

2階には壁一面が武具掛けになってました。191123-093903-P1120230_R.JPG

191123-094129-P1120233_R.JPG

191123-094205-P1120236_R.JPG

1階まで下りて、191123-094245-P1120237_R.JPG

191123-094333-P1120241_R.JPG

展示スペースを見学し、191123-094515-P1120248_R.JPG

191123-094648-P1120252_R.JPG

191123-094741-P1120254_R.JPG

約1時間の見学で天守を出ました。191123-094922-P1120256_R.JPG

191123-095013-P1120259_R.JPG

天守下の本丸広場でちょっと休憩。191123-095108-P1120261_R.JPG

191123-095153-P1120267_R.JPG

191123-095327-P1120272_R.JPG

191123-095334-P1120278_R.JPG

191123-095438-P1120287_R.JPG

191123-095629-P1120289_R.JPG

191123-095902-P1120292_R.JPG

備前門から出城します。191123-100133-P1120298_R.JPG

191123-100203-P1120299_R.JPG

191123-100215-P1120301_R.JPG

191123-100307-P1120307_R.JPG

りの門を通り、191123-100341-P1120311_R.JPG

有名なお菊井戸がありました。191123-100446-P1120314_R.JPG

191123-100504-P1120316_R.JPG

チビッ子は井戸の中をじっくり観察してました。191123-100545-P1120318_R.JPG

191123-100504-P1120317_R.JPG

191123-100651-P1120322_R.JPG

歴代のしゃちほこが比較展示されてました。明治、昭和、そして平成。191123-100752-P1120327_R.JPG

明治時代のが一番凝った造りのように見えましたね。昭和と平成はツルンとした感じ。191123-100825-P1120331_R.JPG

ぬの門を出たところ、忍者がいました。191123-101125-P1120337_R.JPG

石垣に隠れたハート形の石を紹介してました。191123-101057-P1120336_R.JPG

ぬの門からいの門への道には、夜ライトアップされるんだろなというアイテムが設置してあり、忍者もいました。191123-101424-P1120345_R.JPG

菱の門を抜け、姫路城の見学終了。191123-101500-P1120347_R.JPG

お土産屋さんに立ち寄ったりしながら、191123-103716-P1120356_R.JPG

大手門を出ました。191123-103815-P1120357_R.JPG

大手門を出たところ、道路の向こう側の大手前公園で何かイベントをしてたので行ってみました。

姫路食博2019という、ご当地グルメのイベントでした。10時半、まだお昼ご飯に早いけど行ってみました。shokuhaku2019_R.jpg

オットサンはえきそばというのが気になり、オッカサンはだし汁かけたこ焼きが気になり、いただきました。191123-105258-P1120366_R.JPG

191123-105620-P1120368_R.JPG

結構多くの人でにぎわっていましたね。191123-105142-P1120365_R.JPG

191123-110346-P1120374_R.JPG

軽くご飯を食べ、このあと、クルマで積んできた自転車を取り出し、姫路のまちをサイクリングします。

南へ南へ、姫路城を通り越して、ひめじ手柄山遊園のエリアに行ってみます。水族館でサメとかエイに触ったり、姫路モノレールの存在を知ったりします。姫路城エリアに戻って動物園に入ったりします。夕食には姫路の繁華街で姫路おでんをいただきま、そのあと夜の姫路城でライトアップを遠くから眺めます。

次回書きますね、さようなら。





続きはこちらです
「チビッ子連れで姫路・明石へGo~ その2 姫路手柄山遊園の水族館でサメと触れ合いました(2019/11)」






"チビッ子連れで姫路・明石へGo~ その1 姫路城を見学しました(2019/11)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント