チビッ子連れで黒部白馬岐阜名古屋へGo~ その8 姫川源流まで白馬村をサイクリング(2019/8)

2019年8月9日から19日まで黒部、白馬、長野、岐阜、名古屋と回ってきました。

8月12日(月)、旅行4日目。白馬村に宿泊中。190812-062554-P1030748_R.JPG

おはよう、チビッ子。190812-063618-P1030750_R.JPG

お世話になっているペンションきんこん館は、朝食もすごくおいしいです。ボリュームもあっていい感じです。190812-073610-P1030757_R.JPG

190812-081046-P1030759_R.JPG

今日は白馬村をサイクリングします。クルマにチビッ子用の自転車と、大人用の折りたたみ自転車2台を積み込んで旅行に来てます。190812-082609-P1030762_R.JPG

ネットで見つけた白馬村サイクリングコースの「姫川周辺散策」を走ってみることにしました。190812-082934-P1030774_R.JPG

道の駅白馬の近くにある神城駅からスタートして、サンサンパーク白馬、神明社、オリンピック記念石彫公園、そして姫川源流遊歩道入口へ向かい、再び神城駅に戻ってくる周遊コース。190812-082943-P1030775_R.JPG

約12キロで距離は短め。チビッ子も大丈夫そうなコースです。

8時半頃、宿を出発します。

クルマの中では、チビッ子が持って来たドラえもんの九九の歌のCDが毎度流れます。190812-083440-P1030776_R.JPG

道の駅白馬の近くにクルマを止め、自転車を降ろし、道の駅に到着。190812-085945-P1030779_R.JPG

トマトやキュウリを購入。冷たい川で冷やします。

朝9時過ぎ、道の駅白馬からサイクリングコースのスタート地点神城駅に向かいます。190812-091708-P1030788_R.JPG

白馬五竜の交差点を抜け、のどかな道を走り、190812-091714-P1030791_R.JPG

190812-091958-P1030795_R.JPG

あっという間に神城駅に到着。190812-092117-P1030802_R.JPG

観光案内のチラシとかもらって、190812-092129-P1030804_R.JPG

出発です。神城駅から、まず東方面に走ります。190812-092415-P1030810_R.JPG

190812-092553-P1030817_R.JPG

190812-092641-P1030821_R.JPG

190812-092753-P1030827_R.JPG

白馬長野オリンピック道路を190812-092839-P1030831_R.JPG

横断し、190812-093034-P1030833_R.JPG

190812-093041-P1030834_R.JPG

畑の中の一本道を南へ進みます。190812-093112-P1030837_R.JPG

190812-093124-P1030842_R.JPG

白馬連山、雲がかかってるけどきれいです。190812-093359-P1030857_R.JPG

190812-093733-P1030867_R.JPG

白馬長野オリンピック道路と合流し、190812-094156-P1030872_R.JPG

南東へちょっと走ると、190812-094231-P1030876_R.JPG

9時45分頃、サンサンパーク白馬に到着。190812-094624-P1030880_R.JPG

何の施設があるんかなと思ってたけど、なんの施設もなかったですね。広大な無料駐車場とトイレ。車中泊のクルマが何台もいたようです。190812-095551-P1030883_R.JPG

ちょっと休憩して、190812-095220-P1030881_R.JPG

190812-095233-P1030882_R.JPG

出発。サンサンパーク白馬から南西に走ります。190812-095623-P1030890_R.JPG

190812-095833-P1030894_R.JPG

190812-095842-P1030896_R.JPG

道祖神が並んでいるのを眺めながら走り、190812-095923-P1030897_R.JPG

190812-100116-P1030898_R.JPG

190812-100227-P1030902_R.JPG

小さな集落の中を走り、190812-100251-P1030904_R.JPG

10時過ぎ、神明社に到着。190812-100442-P1030906_R.JPG

190812-100511-P1030908_R.JPG

190812-100752-IMG_7092_R.JPG

鎌倉時代初期から建っているらしいです。190812-100615-P1030912_R.JPG

鳥居をくぐって急斜面を登ります。190812-100619-P1030913_R.JPG

190812-100710-P1030915_R.JPG

途中、大きな切り株がありました。旧の御神木だったんだそうですね。昭和初期の落雷で折れてしまったそうです。190812-100814-P1030917_R.JPG

深い杉木立の中を歩き、190812-100854-P1030918_R.JPG

御本殿に到着。お参りします。190812-101112-P1030924_R.JPG

旧御神木のこと説明されてました。昭和初期、落雷で倒れてしまいましたが、樹齢1000年以上だったそうです。190812-101249-P1030927_R.JPG

神明社をお参りし出発。この辺、クマ出没だそうです。190812-101543-P1030931_R.JPG

集落の中、南西方面へ走ります。190812-101830-P1030938_R.JPG

次は公園だとチビッ子に言うと、とても楽しみだと言いながら飛ばします。190812-101836-P1030939_R.JPG

190812-101912-P1030941_R.JPG

190812-101929-P1030945_R.JPG

オリンピック石彫公園を探してると、こじんまりしたオブジェ的な場所を発見。190812-102029-P1030946_R.JPG

ここがオリンピック石彫公園のようです。190812-102155-P1030950_R.JPG

190812-102213-P1030952_R.JPG

普通の児童公園以上の面積を期待してましたが想像よりかなりこじんまり。190812-102254-P1030954_R.JPG

ちょっと休憩して、再出発。190812-102539-P1030961_R.JPG

南方面へ走ります。190812-103405-P1030970_R.JPG

190812-103450-P1030978_R.JPG

姫川源流への道案内の看板が見え、西方面に曲がります。190812-103518-P1030981_R.JPG

白馬連山へ向かって西へ走ります。190812-103607-P1030984_R.JPG

のどかです。クルマもあんまり走ってなくて、気持ちいい道ですね。190812-103656-P1030990_R.JPG

またまた姫川源流への道案内の看板が出て、その通り南方面へ曲がります。190812-103851-P1030991_R.JPG

190812-103857-P1030992_R.JPG

集落の中を走り、190812-103953-P1030995_R.JPG

集落を抜けると、190812-104258-P1040003_R.JPG

190812-104402-P1040005_R.JPG

190812-104409-P1040007_R.JPG

姫川源流遊歩道入口に到着。190812-104418-P1040008_R.JPG

190812-104517-P1040009_R.JPG

遊歩道入口まで進むと、自転車進入禁止だったので、190812-104616-P1040013_R.JPG

入り口付近にあった案内板に自転車を止めて、ここから歩きます。190812-104720-P1040014_R.JPG

昨日、栂池高原自然園でいろんな植物を観察したので、こういう赤い実も気になります。ガマズミの実ですかね。190812-104832-P1040018_R.JPG

遊歩道を歩きます。ウッドチップが敷いてあってふんわりしてます。190812-104855-P1040021_R.JPG

190812-105023-P1040024_R.JPG

荒神社という社がありました。190812-105141-P1040027_R.JPG

姫川源流のこのあたり、元は塩の道を行き交う旅人の喉を潤してきたそうで、昭和10年代に整備されるまで「荒神の清水」と呼ばれてたんだそうです。この土地の神様として社が建てられたようです。190812-105144-P1040028_R.JPG

190812-105238-P1040030_R.JPG

荒神社を抜けると、ちょっとした東屋とかあって、190812-105337-P1040036_R.JPG

190812-105447-P1040038_R.JPG

190812-105601-P1040042_R.JPG

11時ちょっと前、姫川源流地点に到着。190812-105629-P1040044_R.JPG

190812-105641-P1040046_R.JPG

ここから湧き水が出ていて姫川が始まります。190812-105647-P1040049_R.JPG

190812-105822-P1040057_R.JPG

朝、道の駅白馬で購入したトマトやキュウリを水につけて冷やします。190812-105941-P1040058_R.JPG

190812-110121-P1040065_R.JPG

190812-110208-P1040070_R.JPG

冷やしてる間、水遊び。190812-110800-P1040080_R.JPG

190812-110927-P1040085_R.JPG

栂池自然園でたくさん見かけたオタカラコウ、姫川源流でもたくさん咲いてました。190812-111144-P1040087_R.JPG

30分くらい冷やしたキュウリやトマトをいただきました。190812-111809-P1040090_R.JPG

190812-113432-P1040103_R.JPG

充分冷えて美味しかったですね。190812-113456-P1040109_R.JPG

190812-113559-P1040111_R.JPG

湧水から始まる姫川。ちょっと下流へ歩くとこんな広々した風景になります。190812-113630-P1040115_R.JPG

この道をもっと進んでいきたくなりますね。190812-114608-P1040118_R.JPG

1時間くらい滞在し、そろそろ引き返します。190812-114744-P1040124_R.JPG

きれいなキツネフリの花とか眺め、190812-114828-P1040125_R.JPG

遊歩道を引き返します。190812-114914-P1040128_R.JPG

190812-115334-P1040130_R.JPG

190812-115419-P1040132_R.JPG

自転車を置いた場所に戻り、再出発。190812-115925-P1040138_R.JPG

190812-120048-P1040142_R.JPG

190812-120100-P1040144_R.JPG

一瞬だけ交通量が多い国道148号線に出ますが、190812-120422-P1040149_R.JPG

すぐにわき道に入ります。190812-120737-P1040154_R.JPG

190812-120817-P1040155_R.JPG

来るとき通った集落を北へ走り、190812-120855-P1040160_R.JPG

190812-121125-P1040162_R.JPG

サイクリングマップに書かれている道を確認して、190812-121400-P1040166_R.JPG

これ違うかな?という感じの細くて未舗装の道を北へ進みます。190812-121427-P1040167_R.JPG

190812-121441-P1040173_R.JPG

進んでいくと、草度合いが大きくなり、190812-121528-P1040175_R.JPG

ちょっと不安になりましたが、190812-121537-P1040176_R.JPG

190812-121542-P1040177_R.JPG

大丈夫でした、合ってました。ずっと続くちゃんとした道。190812-121705-P1040179_R.JPG

190812-121738-P1040182_R.JPG

のどかな道で、地元の農作業以外ではクルマはまず走らなさそうな安全安心な道です。190812-122306-P1040193_R.JPG

のどかな風景、とても気持ちいいですね。190812-122334-P1040194_R.JPG

190812-122426-P1040196_R.JPG

このあと北へ北へ走り、サイクリングマップ終点の神城駅を通り過ぎて北へ走り、白馬グリーンスポーツの森まで走ります。グリーンスポーツの森で、白馬EXアドベンチャーのミニ版を体験したり、魚のつかみ取り、ネイチャークラフトなんかもします。


次回書きますね、さようなら。






今回の旅行のスタートはこちらです
「チビッ子連れで黒部白馬岐阜名古屋へGo~ その1 宇奈月温泉入りして黒部川で水遊び(2019/8)」






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント