チビッ子連れで黒部白馬岐阜名古屋へGo~ その3 トロッコ電車で欅平まで(2019/8)

2019年8月9日から19日まで黒部、白馬、長野、岐阜、名古屋と回ってきました。

8月10日(土)、旅行2日目。おはよう、チビッ子。今日は朝一のトロッコ電車に乗ります。

黒部市の宿を7時前に出発し、宇奈月駅へ向かいます。190810-064412-P1010946_R.JPG

7時15分頃、宇奈月駅に到着。まだまだ早い時間ですが、もう観光バスがやってきています。190810-071717-P1010948_R.JPG

190810-071851-P1010949_R.JPG

宇奈月駅に入ると、トロッコ電車を待つ人がぽつぽついます。190810-071958-P1010952_R.JPG

欅平(けやきだいら)行きの始発は7時57分。190810-072043-P1010956_R.JPG

190810-072518-P1010957_R.JPG

終点欅平の天気は晴れ。190810-072527-P1010958_R.JPG

トロッコ電車を待つ間に記念スタンプを押したりして、190810-072749-P1010960_R.JPG

ようやく改札オープン、190810-073200-P1010963_R.JPG

右側の席、車両の後ろの方が見やすいですよ、とか窓口の人に教えてもらった通り座ります。チビッ子が一番右ですね。こちら側の席が川沿いになります。190810-074551-P1010970_R.JPG

いったん座席に座ったあと、先頭車両まで行ってみました。190810-074609-P1010972_R.JPG

小さくてカッコイイ電車です。トロッコ電車は、元々は黒部川電源開発のための資材運搬用鉄道。日本国内では数少ない軌間762mmの特殊狭軌なんだそうです。190810-074647-P1010974_R.JPG

座席に戻ります。190810-074749-P1010976_R.JPG

左側を見ると作業中。どこかの工事用に荷物を積み込んでいるようです。190810-074811-P1010977_R.JPG

190810-074955-P1010978_R.JPG

7時57分、出発です。190810-075212-P1010985_R.JPG

宇奈月駅を出て、新山彦橋を渡ります。昨日歩いて渡った赤い山彦橋がすぐ近くに見えます。190810-080049-P1010987_R.JPG

山彦橋を渡って黒部川の左側へ。すぐにトンネルに入ります。トンネルはすごく狭く、手を出すと危険ですね。手を出さないで下さいというアナウンスありました。190810-080255-P1010997_R.JPG

トンネルを出ると、昨日やまびこ遊歩道でトコトコ歩いてきた宇奈月ダム。190810-080459-P1010998_R.JPG

美しいダム湖がよく見えます。190810-080730-IMG_6957_R.JPG

ちょっと走ると、新柳河原発電所が見えてきます。190810-080617-P1020003_R.JPG

ここには柳橋という駅がありますが、観光用のトロッコ電車は通過します。元々、電源開発の資材運搬用鉄道。宇奈月駅から終点の欅平まで、全部で10個の駅がありますが、観光客が降りられるのは始点と終点の駅を含めて4駅だけなんだそうです。190810-080638-P1020008_R.JPG

写真に撮れなかったけど、ここでサルの親子を見かけました。地面に落ちてる何かを拾って忙しそうに食べてました。190810-080645-P1020012_R.JPG

エメラルドグリーンの黒部川を眺め、トロッコ電車は走ります。190810-080718-P1020016_R.JPG

ところどころでトンネルに入りますが、かなりひんやりします。190810-080814-P1020017_R.JPG

サルとかシカが現れるとアナウンスあり、またサル見れるかなと、いろいろ眺めながら走ります。190810-080901-P1020021_R.JPG

190810-081044-P1020027_R.JPG

190810-081135-P1020038_R.JPG

小さくてわかりにくいけど仏石です、のアナウンスがあり、確かにありました、仏石。190810-081525-IMG_6968_R.JPG

かつては入山者が道中の安全を祈願したとの言い伝えもあるんだそうです。赤い頭巾が目印。トロッコ電車から見えるのはほんの一瞬でした。

森石駅を通過し、190810-081651-P1020052_R.JPG

黒薙駅に到着。宇奈月駅から25分。ここは観光客が降りれる駅です。黒薙温泉というのがあって、駅から徒歩でしかたどり着けない黒部奥山の秘湯、毎年4月下旬から11月下旬までオープンしているんだそうです。190810-082215-P1020057_R.JPG

トロッコ電車から降りる人は見当たらず、発車。美しい山々、川の流れを眺めながら進みます。190810-082232-P1020058_R.JPG

高いところに橋が見えます。水路橋で、さっき見た新柳河原発電所まで水を送る送水用の橋だそうです。190810-082248-P1020060_R.JPG

黒薙駅を出発してすぐ、後曳橋という橋を渡ります。190810-082520-IMG_6970_R.JPG

そして、笹平駅、ここ通過です。190810-082441-P1020063_R.JPG

宇奈月駅を出発して約30分、かなり奥深いところまで進んできました。190810-082557-P1020073_R.JPG

ダムが見えてきました。出し平ダム(だしだいらダム)。190810-083203-P1020080_R.JPG

1985年に完成し、関西電力が手掛けた黒部川水系の発電用ダムの中では最も新しいんだそうです。190810-083220-P1020086_R.JPG

出平の駅に到着。ここも工事用の駅で観光客は乗り降りできません。190810-083322-P1020091_R.JPG

冬季歩道のトンネル、よく見かけます。昨日歩いたやまびこ遊歩道にもありました。中は真っ暗で狭いですが、雪が降っても通行できます。190810-083353-P1020092_R.JPG

冬は黒部峡谷鉄道が運行しないため、工事の人が使います。あと、黒部川上流にあるダム群に勤務する人に野菜などの食料を届けるため、逓送さんと呼ばれる人々が徒歩で持ってきてくれるのにもつかわれる道なんだそうです。

出平駅を通過しすると190810-083506-P1020095_R.JPG

視界が開け、190810-083703-P1020097_R.JPG

高い山が眼前に見渡せます。190810-083921-IMG_6972_R.JPG

ねずみ返しの岩壁と呼ばれる絶壁が見えます。190810-084440-IMG_6973_R.JPG

高さ200mの花崗岩でできている岩壁で、ネコに追われてきたネズミも登れずに引き返したことから、こうよばれるようになったらしいです。

そのすぐあと、190810-084211-P1020101_R.JPG

大規模な建物群が見えてきました。190810-084241-P1020105_R.JPG

黒部川第二発電所です。190810-084320-P1020107_R.JPG

1936年に発電開始、高さ177mだそうです。190810-084323-P1020110_R.JPG

このダムのすぐ近く、猫又駅に到着。ここも工事関係者のみ利用で通過です。190810-084352-P1020112_R.JPG

190810-084403-P1020120_R.JPG

190810-084408-P1020122_R.JPG

発電所のちょっと上流には、大型建機がたくさん並んでいました。190810-084537-P1020123_R.JPG

チビッ子、こういう特殊車両が大好きです。190810-084539-P1020125_R.JPG

190810-084604-P1020128_R.JPG

鐘釣橋を渡り、190810-085047-P1020133_R.JPG

190810-085051-P1020136_R.JPG

トンネルです。この辺で標高440mくらい。結構寒くって、タオルケットにくるまりました。190810-085156-P1020140_R.JPG

トンネルを抜けると鐘釣駅に到着。190810-085303-P1020148_R.JPG

ここは観光客も利用できます。

黒部万年雪があったり河原露天風呂に入れたりします。何人かトロッコ列車から降りていきました。190810-085348-P1020152_R.JPG

鐘釣駅ではスイッチバックします。停車するときにいったん引き込み線に入るため、発車するときはいったんバックしてから改めて本線に入って出発する形です。

鐘釣駅を出発するとき万年雪が見えました。表面は砂で茶色になってますが万年雪です。190810-085629-P1020155_R.JPG

渓谷を眺め、190810-085813-P1020158_R.JPG

トンネルに突入。190810-085907-P1020163_R.JPG

トンネルを抜けると、小屋平駅。単線なのでここで反対向きの電車と離合します。反対向きのトロッコ電車、団体旅行の添乗員さんかなと思われる人がみんなに手を振ってました。190810-090528-P1020173_R.JPG

小屋平駅を過ぎると、190810-090612-P1020180_R.JPG

後方に小屋平ダムを眺め、190810-090710-P1020183_R.JPG

ついに終点欅平駅に到着。190810-091314-P1020189_R.JPG

宇奈月駅から約80分、190810-091318-P1020190_R.JPG

天気も良くきれいな景色でであっという間に到着です。190810-091357-P1020193_R.JPG

トロッコ電車を降りて、190810-091430-P1020198_R.JPG

改札へ歩きます。観光客の大部分はここまで乗ってきました。190810-091515-P1020200_R.JPG

一般向けには欅平で終点となります。が、軌道は先へ続いているらしいです。190810-091602-P1020202_R.JPG

トンネルを500mほど進んだ所には欅平下部駅(竪坑下部駅)があって、そこから高さ200mの大型エレベーターで上部軌道の欅平上部駅につながっていて小型トロッコで黒部川第四発電所に行くことができるそうです。これは関西電力黒部専用鉄道で、原則として関電社員等関係者以外は乗車できないですが、関西電力が主催する黒部ルート見学会に応募し、当選すれば乗車できるようです。一度体験してみたいですね。

190810-091614-P1020203_R.JPG

190810-091616-P1020205_R.JPG

190810-091628-P1020206_R.JPG

190810-091717-P1020214_R.JPG

190810-091737-P1020215_R.JPG

190810-091908-P1020225_R.JPG

190810-092126-P1020237_R.JPG

190810-092041-P1020231_R.JPG

改札を出ると、190810-092137-P1020239_R.JPG

見晴らし良い展望台。190810-093312-P1020248_R.JPG

190810-094107-P1020280_R.JPG

欅平、標高599m。190810-093459-P1020263_R.JPG

190810-093757-IMG_6991_R.JPG

190810-093802-P1020268_R.JPG

河原で遊んだり、河原の足湯に入ったり、人食い岩など景勝地をまわったりできます。190810-093806-P1020269_R.JPG

190810-093810-P1020270_R.JPG

190810-093904-P1020271_R.JPG

このあときれいで冷たい河原でずっと遊ぶことになります。足湯や人食い岩の見学もします。

次回書きますね、さようなら






今回の旅行のスタートはこちらです
チビッ子連れで黒部白馬岐阜名古屋へGo~ その2 やまびこ遊歩道で宇奈月ダムと宇奈月発電所へ(2019/8)








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック