チビッ子連れで四国へGo~ その17 現存天守の石垣の名城 丸亀城へ(2019/5)

2019年のGWは4月27日~5月6日まで四国へ行ってきました。

鳴門大橋を渡って四国入り、渦潮見学、祖谷狭の大歩危小歩危、高知城、四万十川カヤック、松山城、来島大橋サイクリング、こんぴらさん参り、丸亀城とぐるっと1周しました。


5月6日(日)、旅行10日目、とうとう最終日。オットサンは早起きして散歩です。今日は海側ではなくってJR宇多津駅方面へ歩きました。


歩いて15分くらいで、JR宇多津駅付近に到着。バックにはこんもりした形の青ノ山。190506-063342-IMG_5328_R.JPG

190506-063444-IMG_5329_R.JPG

駅の前には、昔の塩田の区画図が記されています。190506-063317-IMG_5325_R.JPG

今は住宅地が広がっていますね。

宇多津の案内地図。張りぼてのゴールドタワー以外にも青ノ山ハイキングコースとか多くの神社仏閣があり、大人旅で楽しめそうですね。190506-063511-IMG_5331_R.JPG

ホテルに戻ると、チビッ子は宿題をしていました。190506-064930-IMG_5336_R.JPG

朝食を食べにホテルのレストランへ行き、190506-070845-IMG_5338_R.JPG

健康的な朝食をいただきました。190506-070947-IMG_5341_R.JPG

今日で宇多津とお別れです。2泊お世話になりました、ありがとう。190506-082438-IMG_5354_R.JPG

8時半ころ出発。今日は、四国の現存天守のお城4つ目、丸亀城に行ってみます。高知城から宇和島城、松山城、そして丸亀城。190506-082753-IMG_5356_R.JPG

クルマで走ること数分、見えてきました丸亀城。小ぶりです。遠目に見てもわかる小ささですね。190506-083419-IMG_5358_R.JPG

駐車場に車をとめ、190506-084356-IMG_5359_R.JPG

歩いて城内へ。朝早い時間で気持ちいいです。190506-084504-IMG_5361_R.JPG

観光看板で記念写真。ご当地キャラは城主の京極くん、丸亀名物骨付鳥の骨付じゅうじゅう、丸亀うちわのうちっ娘190506-084737-IMG_5364_R.JPG

190506-085155-IMG_5370_R.JPG

美しい石垣を眺めながら天守に向かいます。190506-085643-IMG_5376_R.JPG

標高約66mの亀山に築かれた平山城。丸亀城は石垣の名城として有名なんだそうです。190506-085820-IMG_5379_R.JPG

二の丸広場の端っこまで行ってみました。190506-090148-IMG_5383_R.JPG

北方面を眺めると。丸亀の港と瀬戸内海が一望できます。190506-090220-IMG_5387_R.JPG

やや東を見ると、宇多津のまち。ゴールドタワーがここからでも見えますね。その向こうに瀬戸大橋。190506-090253-IMG_5391_R.JPG

190506-090301-IMG_5393_R.JPG

二の丸から天守に向かいます。190506-090851-IMG_5400_R.JPG

あっという間に見えてきました。190506-090901-IMG_5401_R.JPG

到着です。こじんまりしていますね。高さ約15m、三重三階の造りです。190506-090940-IMG_5402_R.JPG

全国に12しか残っていない木造天守の1つです。190506-091056-IMG_5406_R.JPG

天守を見学しました。戦国から江戸初期にいろいろあって、1658年京極高和が丸亀城主になり、以降幕末まで京極氏が治めていたようです。190506-091440-IMG_5412_R.JPG

初代藩主の京極高和の祖父が京極高次という人で、あの浅井長政の3姉妹、茶々、お初、お江のうちの、お初と婚姻関係だそうです。

チビッ子は、石落しや狭間を見学190506-091532-IMG_5418_R.JPG

こんな看板もありました。萌え系を丸亀城近辺でいくつか見かけることになります。190506-091604-IMG_5419_R.JPG

最上階に登ります。190506-091845-IMG_5420_R.JPG

丸亀観光の記念スタンプ、5か所全部はとうてい回れないけど押します。190506-092009-IMG_5424_R.JPG

丸亀城の天守閣からの眺め。丸亀の港と瀬戸内海が一望できます。さっき、二の丸広場からみたよりちょっと高めの眺めですね。190506-092028-IMG_5426_R.JPG

190506-092101-IMG_5429_R.JPG

一通り見学し、下ります。190506-092300-IMG_5431_R.JPG

こじんまりした天守、見学もあっという間ですね。190506-092659-IMG_5437_R.JPG

二の丸広場まで下りて、190506-092754-IMG_5444_R.JPG

広い広場で虫探索したりしました。190506-093107-IMG_5445_R.JPG

190506-093312-IMG_5447_R.JPG

二の丸井戸というのがあって、190506-093908-IMG_5451_R.JPG

見学しました。190506-093917-IMG_5452_R.JPG

日本一深い井戸といわれており、水深は30m以上あるんだそうです。190506-093935-IMG_5453_R.JPG

讃岐富士もきれいに見えますね。190506-094304-IMG_5454_R.JPG

二の丸から下っていきます。見返り坂と呼ばれる坂です。傾斜が急で、時々立ち止まって振り返りたくなることから呼ばれるようになったそうです。190506-094607-IMG_5463_R.JPG

大手門付近まで戻ってきました。こんな写真が飾ってありました。平成30年7月の西日本大豪雨や9月の台風で城の南西部から西面石垣が崩れ落ちたんだそうです。ただいま復旧工事真っ最中です。190506-094844-IMG_5464_R.JPG

丸亀城の見学を終え、自転車で丸亀うちわの港ミュージアムに行ってみます。190506-095712-IMG_5471_R.JPG

丸亀うちわの製作を体験できます。

丸亀城の玄関先御門を抜け、190506-095851-IMG_5476_R.JPG

190506-095926-IMG_5478_R.JPG

大手門の壁にある狭間から顔を出し、190506-100157-IMG_5483_R.JPG

お堀の亀やコイを眺め、190506-100244-IMG_5487_R.JPG

190506-100216-IMG_5484_R.JPG

海側へ走ります。190506-100304-IMG_5489_R.JPG

190506-100356-IMG_5493_R.JPG

丸亀市民広場を抜け、190506-100849-IMG_5502_R.JPG

丸亀城をバックに北へ走ります。190506-101007-IMG_5504_R.JPG

こんな公衆電話を発見しました。丸亀城式公衆電話です。190506-101133-IMG_5506_R.JPG

路地を抜け、190506-101522-IMG_5510_R.JPG

古い商店街に入ります。190506-101831-IMG_5512_R.JPG

シャッターが閉まっているところばかりですね。190506-101921-IMG_5514_R.JPG

チビッ子が見つめています。演歌歌手のポスターじゃなくって、保育園児が描いた絵。190506-102016-IMG_5515_R.JPG

うみのまち、よるのせかい、うみのせかい、などなどいろんなテーマの絵です。こういう地元の保育園児が描いた絵が、商店街のところどころに貼って展示してありました。

西日本大豪雨で損壊した丸亀城を応援するポスターや、190506-102028-IMG_5517_R.JPG

ダンス大会のポスターもありました。ところどころ萌え系が目につきました。190506-102043-IMG_5518_R.JPG

商店街を抜けると、旧丸亀港に到着。今でも埋め立てられずに漁船が停泊しているところがあります。190506-102805-IMG_5520_R.JPG

190506-103140-IMG_5524_R.JPG

旧丸亀港を通り過ぎると、うちわの港ミュージアムがあります。このあと到着して、丸亀うちわの製作体験をします。そのあと、丸亀名物の骨付き鳥を食べます。とってもおいしくって、また食べたくなりましたね。


次回書きますね、さようなら。





続きはこちらです、よかったら見てみてください
チビッ子連れで四国へGo~ その18 丸亀うちわ作り体験と丸亀名物 一鶴の骨付鳥(2019/5)




今回の旅行のスタートはこちらです
「チビッ子連れで四国へGo~ その1 鳴門のうず潮とあすたむらんど徳島(2019/4)」









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント