チビッ子連れで石垣・西表島へGo~その2 西表入りして水牛車で由布島へ(2018/12)

画像



2018年12月28日から2019年1月6日までの年末年始に、沖縄入りしてきました。今回は離島、石垣島、西表島に行ってきました。

12月29日、旅行2日目。朝、石垣島から船で西表入りしています。レンタカーを借りて、由布島にやってきました。メジャーな観光場所です。遠浅の海を水牛車で渡ることができて、島全体が亜熱帯植物園となっています。

昔々、2005年にラブラドールのはなことやってきたことありますね。ワンコは水牛車NGだったのでクルマで留守番し人だけ行きました。

https://hanakkotabi.at.webry.info/201302/article_16.html
「犬連れで石垣島へGo ~その6 海を渡る水牛車に乗って由布島にいきました~(2005/03)」

朝9時半頃、そろそろ水牛たちも出動準備です。29日は、まだ一般的には年末年始休みに入りたての日だったせいか、午前の早い時間はお客さんまばらでした。
画像


9時40分、水牛車に乗り込みました。お客さんは少なくって、2組だけ。水牛車は2輪の乗り物なので、重量バランスを取るよう、車輪の前後にいい感じでばらけるように乗ります。こうすると、水牛の首にかかる負担も少なくなるそうですね。
画像


遠浅の海をゆっくり進みます。由布島の歴史とか、水牛の生活や気質などいろいろお話してもらいながら、約400mの距離、10分も進むと由布島に到着。

到着すると、水牛車待合所で、島の歴史、水牛の歴史、などなど説明してもらいます。大五郎と花子という2頭の水牛からスタートして、現在は水牛43頭だそうです。昭和40年ころの最盛期にはサトウキビやパイナップルの栽培が盛んで、人口111人、小中学校もあったようですね。
画像


水牛たちの中には、沖縄本島で活躍してる者もいるんだそうです。

初代の水牛、大五郎の立派な骨格が展示してありました。
画像


そのあと係の人に、園内を歩きながら島のことを説明してもらいます。
画像


立派な水牛の碑があります。最初のつがい、大五郎と花子の2頭を称える石碑です。
画像


由布島の歴史とか概略の説明を聞いた後、
画像


モデル水牛のあずきちゃんと記念写真を撮り、
画像


あとは自由行動。帰りの水牛車も定期的に頻繁に出ているので、適当な時間に水牛車待合所に来たら乗れます。

マングローブ林の遊歩道を歩き、
画像


こんな水牛のオブジェに乗って、
画像


他にもいろんなオブジェに乗って、
画像
画像


顔出し看板もあります。
画像


蝶々園に行ってみました。オオゴマダラの黄金色のサナギをたくさん観ることができます。
画像


巨大な蝶々オオゴマダラがたくさん飛びまわってます。
画像


奥の方に金色のさなぎの群れを発見。
画像


かなり密集して金ピカサナギがぶら下がっていました。写真ではわかりにくいですが、頭上とかにもたくさんぶら下がっています。
画像


説明してくれる係の人に、いろいろ説明してもらいました。


サガリバナ、というのもあって、ちょうど運よく花が開いた状態のがありました。マングローブなど湿地帯に生息していて、たった一夜だけ咲き、夜明けとともに散ってしまう花です。
画像


こんなのを見学して、レストランに向かい、
画像


ソフトクリームを食べ、
画像


再び島内を散策。小中学校の跡を見学し、
画像


井戸跡も見学して、
画像


マンタの浜に到着。海の向こうに見えるのは小浜島ですね、2005年にラブラドールのはなこと自転車で走り回りましたね。
画像
画像



「犬連れで石垣島へGo ~その4 川平湾を見学して小浜島で水牛と遊びました~(2005/03)」
https://hanakkotabi.at.webry.info/201302/article_14.html


オヒルギの花、タコさんウインナーに似た感じの赤いのを探して、砂浜で作品を作りました。
画像


再び島内を散策し、
画像
画像


ちょっとした広場で遊んで、
画像


ブーゲンビリアガーデンに行きました。
画像


色鮮やかに30種類以上のブーゲンビリアが咲いています。
画像
画像


きれいなのでオットサンも写真を撮ってもらおうとしましたが、
画像


チビッ子は邪魔します。
画像


ブーゲンビリアと木で作った水牛車のオブジェに乗ったりして、
画像


またチビッ子広場で遊んで、
画像


レストランへ。八重山そばとかいただきました。
画像


その後も水牛オブジェに乗ったり、しながら水牛車待合所に向かいます。
画像
画像


水牛車待合所には、復路の準備をしている水牛たちが何人かいました。
画像
画像


待合所の近くに池があって、水牛たちは休憩しています。
画像


子どもの水牛もいて、のどかな感じでした。
画像


水牛の池で休憩していると、仕事の時間になった水牛は係の人に連れていかれます。

水牛車の前まで行って、
画像


水牛車の引っ張る部分を、自分で角でひっかけて持ち上げ、首を通してセッティングします。
画像


穏やかなかわいい顔ですね。
画像


そろそろお仕事、出発地点まで移動し、
画像


水牛車に乗り込みます。三線で民謡とかビギンの歌とか歌ってもらいながら、浅瀬をのんびり進みます。たまに水牛のトイレ休憩もあります。したくなったらする、全く自由です。
画像


後ろを振り返ると、他の水牛車ものんびり動いていました。
画像


10分くらいで、西表島に到着。
画像


水牛車、全国で4か所だけ、と聞いたことがあります。チビッ子は、本島のビオスの丘、フクギ林、今回の由布島、で3か所乗りました。あと1か所、竹富島で乗れます。何日か後で乗ることになりますね。

由布島のあと、フクギ染めのコミ織り体験に挑戦してみます。はた織機での作業、結構大変でしたがいい作品ができましたね。

次回書きますね、さようなら。





続きはこちらです、よかったら見てみてください
https://11960258.at.webry.info/201902/article_2.html



今回の旅行のスタートはこちらです
https://11960258.at.webry.info/201901/article_6.html








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック