チビッ子連れで琵琶湖草津へGo~その3 ストライダーで琵琶湖畔を走りました(2016/10)

画像



2016年10月1日から1泊で、琵琶湖草津に泊まってきました。毎年、チビッ子の誕生日になると、ここ泊まりに来ます。

2日目、おはよう、チビッ子。今日はストライダーで琵琶湖畔を走ってみます。
画像


部屋にあったサイクリングMAPを見て、一番短い距離の矢橋帰帆島公園コースに決定。
画像


片道3.5km。大人なら歩いて1時間もかからない距離です。

チビッ子はストライダーに乗って、オッカサンは宿でレンタサイクルを借りて、オットサンは徒歩で行きます。

おそらく、チビッ子は片道でへとへとになるだろうから、レンタサイクル1台だけ借りといて、帰りはオットサンが一人でクルマを取りに帰り、クルマで迎えに行く、という想定です。

宿で健康的な朝ご飯をおいしくいただき、
画像
画像


部屋に戻って宿題をして、
画像


チェックアウト。

この宿、へんてこ自転車が置いてあって、毎回乗ります。去年まではチビッ子が一人で乗れる自転車はなくって、オッカサンかオットサンと乗るタイプしか乗れませんでした。
画像
画像


今年は、一人で乗れるのが一つできました。
画像


スポーツカータイプのものも乗りましたが、足が十分届かないのでオットサンが押しました。来年は一人で乗れるようになりたいですね。
画像


あと、へんてこ自転車のほかに、パターゴルフのコースがあるので、もうちょっと大きくなったら一緒に楽しめそうです。

へんてこ自転車で30分くらい遊んだあと、足湯して、
画像


オッカサンがフロントでレンタサイクルのカギを借りて、出発です。
画像


10時半頃、宿をスタート。
画像


のどかな道を通り、
画像
画像


湖畔の道路に出ます。
画像


琵琶湖一周は約200km、速い人だと1日で回り切るそうです。普通は1泊2日。
画像


基本、逆時計回りで、琵琶湖川の道路を走ります。この日も、本格的な自転車、本格的なウエアの人が何人か走ってました。
画像


我々は3.5kmをのんびり走ります。時計回りで、南下します。
画像


オットサンは歩いたり、たまに走ってチビッ子を追い抜いたりしてました。
画像
画像
画像
画像
画像


湖畔のさざなみ街道を走ること約20分、
画像
画像


帰帆北橋に到着。
画像
画像


ここから湖畔を離れいったん内陸へ向かい、ぐるっと回りこんで矢橋大橋を渡ります。
画像
画像


が、矢橋大橋を渡るちょっと手前で、チビッ子は疲れてストライダーから降ります。オットサンがストライダーを背負って、チビッ子ととぼとぼ歩き、矢橋大橋のたもとで休憩。オッカサンは自転車で近所のコンビニ行って、ガリガリ君を買ってきてくれました。

チビッ子はガリガリ君で復活。再びストライダーに乗り、矢橋大橋を渡ります。
画像
画像


ゴールの帰帆島公園はもうすぐ。
画像
画像


スタートから約1時間、ゴールです。
画像


チビッ子は結構疲れた様子でしたが、ゴールの公園の遊具を見ると、ストライダーを置いて、走って遊びに行ってました。。
画像
画像


サンドイッチ食べてからも、
画像


ロープのジャングルジムとかで遊んでました。
画像


オットサンも一緒にジャングルジム登ったりしてましたが、
画像
画像


チビッ子の飽きなさにはついて行けず、
画像


オッカサンと交代して、オットサンはベンチで昼寝してました。
画像


その間も砂場とかでずーっと遊んでたようです。
画像
画像
画像


2時間以上遊んで、14時を過ぎ、そろそろ帰ります。

オットサンは、オッカサンが借りたレンタサイクルで宿まで戻り、返却して、クルマで帰帆島公園に迎えに行き、
画像


名神高速に乗って、自宅に戻ったのでした。
画像


車内でひと眠りしたチビッ子は、家に着くとまた復活し、必死でレゴで遊んでました。
画像


琵琶湖は自宅から1時間くらい。お手軽にのんびりできるので、また行きたいですね。

おしまい。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック